2013-09-02

芥川龍之介→下島勲宛書簡

「恰も阿修羅百臂の刀刃一時に便門を裂くが如き目にあひ居り候へば……」

芥川さんは痔まで文芸的に表現してしまいます。

読みにくいのでルビを振ろうと思ったのですが、百臂を「ひゃくひ」と読むのか「ひゃっぴ」と読むのか判断できませんのでしたので、そのまま掲載しました。

下島勲医師の「勲」は「いさお」ではなく「いさおし」と読むようです。