2013-08-20

内田百閒の芥川家訪問_02

「白足袋」の説明を例によってウィキペディアから抜粋します。なかなか着物を着る機会などもありませんし、僕は白足袋は七五三の時くらいしか履かなかったかも知れません。

白足袋

白足袋は主として改まった服装の際や慶弔等の行事ごとの際に用いられる。殊に儀式用・正装用というわけではないが、黒足袋・色足袋が平服にしか合わせられないのに対し、白足袋は平服から礼服まで広汎に着用することができる点に特色がある。特に茶人や僧侶、能楽師、歌舞伎役者、芸人などはほとんどの場合白足袋をはいており、こうした人々を総称して「白足袋」と称するならいがある。
能舞台、所作板、弓道場などは白足袋着用でなければあがれないことが多く、土俵上でも白足袋以外の着用は認められない。これらの例からもわかるように白足袋は清浄を示す象徴であり、ほかの足袋とは性格の異ったものとして扱われている。江戸時代からはメリヤス編み技法でも盛んに作られた。また現在流通している国内産のものはメリヤス編みである。

内田百閒は、晩年のお爺さんの写真のイメージが定着しているので、若い頃を絵にするのはとても難しいです。